2018年06月01日更新

ウェブ会議を利用すれば、旅行しながら仕事も可能!?

近年あらゆる業種でウェブ会議が導入されています。
その背景には、個々の営業マンが別々の地域にいるため、一つの場所に集まるのが物理的に不可能です。
会議室を必要としないため、手軽に会議を行うことができ、それぞれが軽いフットワークを維持しながら営業活動を行うことを可能としていることにあります。

最近ではあらゆるウェブ会議システムがあります。
一昔前であればビデオ会議システムなどにより、個々別々の場所の会議室をインターネット回線で結び、会議を行ってきました。
スマートフォンなどの普及により、アプリやブラウザを利用して会議を行うことが可能となってきました。

WEB会議を行う男性有名なところで言うと、ハングアウトやWEBシステムは多くの企業で導入されています。
ハングアウトの場合は、通常のメッセージのやり取りも行うことができ、メールなどよりもお互いに早いレスポンスで作業を行うことを可能としました。
ハングアウトにはビデオ通話機能がついており、お互いの顔を見ながら複数人数によるビデオ会議を行うことを可能としています。
またWEBシステムも、IOSなどのiPhoneやiPadでも利用することができ、これも場所を問わずにビデオ会議を行うことができます。

今までとは違い、それぞれどこにいても、日本国内であればモバイル通信を使って手軽に会議を行うことができますので、緊急の会議を開催することも可能です。
電話で個々とやり取りするよりも、ビデオ通話を使って一斉に関係する人間に顔の表情を見ながら行う方が仕事としてのレスポンスは速くなり手間が省け、時間の短縮や作業効率向上につながります。
国外にいる場合ではハングアウトであればグーグルのアカウントさえあれば、必要なのはインターネット回線だけです。
パソコンやスマートフォン、タブレットが何らかのインターネット利用可能環境にあり、ハングアウトに入っていれば利用することは可能です。

このようにウェブ会議は時間や場所を選ばないので、仕事の効率を急速に向上します。
ですから様々な利用シーンに活用されています。
ある場合には、旅行中に国内、国外を問わず旅行先から緊急の会議を開いたり、参加することが可能です。
どこでも参加することができますので迅速な情報共有と、問題発生時の早期解決のためのツールとしては申し分のないものとなっています。

現在では貸し会議場を借りるコストの削減などの観点から、ブラウザやアプリを使用する利用シーンが増えてきていることに違いはありません。