2018年05月21日更新

旅行で長期間自宅を空ける時、回線はどうする?

旅行などで長期間留守にするときでも、光回線はそのままにしておくのが無難です。
光回線を休止したのちに、再開するということはできません。
旅行期間が長期となり、どうしても中断したい場合はいったん解約して、また契約しなおすことになります。
解約時も再契約時も工事費がかかりますから、月々の利用料金を支払い続けたほうが、かえって安く済む場合も多いです。

解約する際に、違約金がかかるケースも珍しくありません。
NTTの場合は、2年単位自動更新とすることで、割引き料金が適用されるプランがあります。
このプランを利用している場合は、2年ごとの契約更新時に解約するなら解約金はかかりませんが、それ以外の時期に解約する場合は、戸建て住宅の場合9500円もの解約金がかかります。
集合住宅なら、1500円で済みますが、工事費にプラスしての出費です。

光回線を使い始める場合は、初期工事費がかかります。
高額になるため、多くの場合、分割払いとなっています。
2年から3年ほどで払い終えるケースが多いですが、この分割払いが終わっていないうちに解約すると、残りの工事費が一括請求されるので要注意です。

プロバイダによっては、2年以内の解約の場合に違約金がかかることもあります。
一方、いつ解約しても違約金がかからないプロバイダもあります。
留守中に回線をどうするかを考えるときは、この点も確認し、考慮しておきましょう。

契約時にキャッシュバックキャンペーンなどを利用した場合も、要注意です。
2年以内の解約なら、キャッシュバックされた金額をそっくり返さなくてはならない場合もあります。
高額キャッシュバックキャンペーンであったほど、影響は大きくなります。

このように、解約にはかなりの金額が必要となる可能性があり、再度契約する際にも工事費や事務手数料が必要となります。
月々の利用料金が5千円ほどであるなら、半年程度の留守であったら、回線をそのままにしておいたほうが、お得となることも多そうです。

これでは回線の乗り換えもなかなかできないということで、乗り換え時のさまざまな必要経費を肩代わりするというキャンペーンをおこなっているプロバイダもあるほどです。
光回線の休止はできず、契約解除して再契約するとなると高額な出費が必要となるケースが多いです。
そこそこ長期の留守であっても、回線をそのままにしておいたほうが、むしろお得となるケースが多いと見られます。